あえてデメリットを書く理由とは?

アドセンス

1商品特化型記事に限らず、記事冒頭でその商品のデメリットを書くことでその記事の信憑性を高めることもできます。

 

Apple製品の記事でも冒頭で値段が高いというデメリットをあえて伝えています。

 

ユーザー心理的にデメリットを先に言われて、そのデメリットを払拭するメリット、情報があると、単純にメリットを伝えられるよりもその商品がより魅力的に見えてきます。

 

これが逆だとメリットをデメリットが打ち消すことになるのでおすすめできません。

デメリットを書く際はなるべく最初に書き、それを打ち消すメリットを用意しましょう。

 

デメリットの打ち消し方で簡単なのは、他の商品との比較です。

 

Apple製品の記事でも、他の商品と比較し値段は高いけど、重くない、修理依頼もしやすい、キーボードの反応速度が早いという点を推しています。

 

 

iPadのキーボードという持ち運び前提の商品かつ、機能性が重要視されるものなので、値段のデメリット以上にメリットが引き立つ構成になっています。

 

1商品特化型記事なので、記事内で他の商品と比較するときに比較する商品のアフィリリンクを貼らずに比較することで、その商品の魅力を伝えることも可能です。

 

また、もしその商品に型落ち商品(過去のバージョンの商品)があっても比較しやすいので、活用することができます。

 

Apple製品の記事ではキーボードの値段の高さをデメリットに挙げていますが、4つのメリットを用意してデメリットを打ち消しています。

 

その商品を買うべき理由や買わない理由を潰す項目で見出しを構成すると、商品の魅力を伝えやすいです。

タイトルとURLをコピーしました