アドセンス

まずは書きやすい記事で記事を増やそう

初めてサイトを作る、記事を書くのがそもそも苦手という人はまずは自分の近い悩み、持っている商品を紹介する記事から書き始めてみましょう。 自分が興味もない商品についての記事を書くのは苦痛ですし、なかなか記事...
アドセンス

大きく分けて 2 つの記事の書き方がある

ブログ記事の書き方は大きく分けて 2 つです。 ・1商品特化型記事 ・悩み解消提案型記事 それぞれ特徴が違うため、1つずつ簡単な説明をした後に詳しい作り方を解説していきます。 悩み解消提案...
アドセンス

楽天市場など他のネットショップも参考にする

楽天ランキングなどのネットショップの売れ筋商品を参考にするというのもAmazonアフィリエイトでは有効な手段です。 ネットユーザーの中では楽天でしか買い物しない人、A...
アドセンス

ニーズが高いテーマを数値で見つけることができるサイト

ニーズが多い悩みを「数値」やある程度の指標を元に把握できるサイトがいくつかあります。 ライバルサイトのチェックやネタ探しをする中でもこうしたサイトに出会うタイミングは多いと思いますが、取っ掛かり...
アドセンス

情報の網羅性を高めよう

情報の幅を広げたいのであればヤフー知恵袋で商品名や商品のジャンル名などで検索しましょう。 Yahoo!知恵袋 その商品を買うべきなのか?...
アドセンス

商品ジャンルの悩みをピックアップする方法

記事のネタになる商品が見つかったら、そのキーワード(一般商標キーワード)に対して購入に至る理由や、購入に踏み切る前に懸念するポイントを考えてみましょう。 考え方としては、その商品を買うであろうターゲ...
アドセンス

レビュー系雑誌はネタの宝庫

テレビ以外にも雑誌で紹介された商品も今後売れる可能性が高いです。 ただ、雑誌は購入するとかさばりますし、費用もなかなかバカになりません。 雑誌からの情報収集でおすすめするのが約200誌の...
アドセンス

テレビやTwitterから稼げる情報を集める

テレビで扱われた商品名を記事のキーワードに設定するという王道的なやり方も、ブログでは集客力の高いキーワードとなっていきます。 テレビネタはトレンドワードだから一時的なアクセスにしかならないとい...
アドセンス

アクセスを獲得できるキーワードの探し方

サイトの記事を書くときに重要になってくるのが、どんなキーワード、どんなネタを記事にしていくかということです。 このキーワードが決まらないと、そもそも記事は作れません。 キーワードか...
アドセンス

年代や地域に合わせた言葉を使ってみる

記事タイトルを付ける前のリサーチで、もし検索結果が堅いタイトルばかりなら方言や年代に合わせた言葉を使ってみると、検索結果でかなり目立つのでクリック率が良くなります。 例えば 「てげうめっち...
タイトルとURLをコピーしました