オリーブオイルは神秘のオイル

オリーブオイル

オリーブオイルは、健康に良い成分を多く含んでいる!

一番しぼりの「エクストラバージン・オリーブオイル」はオリーブの果実を絞った新鮮なジュースなんです。

 

オレイン酸

オリーブ油はオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)を豊富に(含有脂肪酸の約70%)含みます。オレイン酸は、血液の流動性を高め、血中コレステロール値(※)を下げます。

※「善玉コレステロール値」を増加させ、「悪玉コレステロール値」を下げます。 (動脈硬化等の血管症・心臓病 の予防に効果。)

 

リノール酸・ リノレン酸

・多価不飽和脂肪酸(リノール酸・リノレン酸など)は人体内で合成することができない脂肪酸で、「必須脂肪酸」と呼ばれています。
・オリーブ油は適度な量の必須脂肪酸を含み、理想的な食用油と言えます。(注)この脂肪酸は「悪玉コレステロール値」とともに「善玉コレステロール値」も下げるので、一定量を超えて摂取することに問題があるとされています。特に、中高年齢層では多く取りすぎないことが重要です。(オリーブ油の必須脂肪酸含有率が、人の母乳のそれと酷似しているのは、大変興味深い事実でしょう。)

 

パルミチン酸・ステアリン酸

・飽和脂肪酸(パルミチン酸・ステアリン酸)は、その摂取量が増えれば血中コレステロールのうち「悪玉コレステロール値」を上げます。

・オリーブ油は、飽和脂肪酸の含有率が僅少で、この点でも望ましい油脂と言えましょう。

 

オリーブオイルに含まれる脂肪酸はコレステロール値を下げる!といわれています。

 

オリーブオイルは老化を防ぐ!!

エクストラバージン・オリーブオイルは、酸化しにくいオイルです!

「エクストラバージン・オリーブオイル」には、体に有用なさまざまな微量成分が溶け込んでいます。

 

トコフェロール類(ビタミンE)

・αトコフェロールが多く含まれています。

・トコフェロールは抗酸化物質として働くほか、紫外線による上皮のダメージの防御、皮膚のシワ形 成等を抑制する効果があります。

 

ポリフェノール類

・色々なポリフェノール類が含まれており、オイル自体を酸化しにくくしています。

・ポリフェノールは、オイルに含まれる他の抗酸化物質(トコフェロール、βカロチン、葉緑素など)と共に体内で抗酸化物質として働き、フリーラジカル(例:活性酸素)の活動を抑え、動脈硬化を予防し、老化等の原因となるからだの「老化サビ」の生成を防ぎます。

 

その他の有効成分

エキストラバージン・オリーブオイルには、その他にビタミンD、ビタミンK、スクアレン、βシトステロールの有効成分も含んでいます。

 

オリーブオイルには天然の抗酸化物質が多く含まれており、劣化が遅く、特に、エクストラバージン・オリーブオイルは、しっかりと保存すれば2年位の長期保存が可能です。

エクストラバージン・オリーブオイルには・・・老化によって衰える記憶力や認識機能の低下を遅らせる働きがあります。

タイトルとURLをコピーしました