悩み解消提案型記事の書き方

アドセンス

推奨する記事の書き方の1つでもある「悩み解消提案型記事」は、商品を買う前の「買わない理由」になる悩みや心配事を先回りして解決することで、商品購入までの敷居を下げてあげることが目的の記事です。

 

基本的な記事構造としては下記のような構成になります。

 

商品の選び方や、選ぶ際の心配事を解決することに徹するので、特定の商品をおすすめせずに商品を羅列する提案型の記事です。

 

比較的初心者の方でも商品を売りやすい記事構造になっています。

 

商品を選ぶ際の心配事を解決すると言うと難しく聞こえるかもしれませんが、Amazonのカテゴリーを見て目についた商品の口コミから情報を得ることができます。

 

Amazonトップページの左上の三本線をクリックすると、カテゴリーが出てくるので、『全てのカテゴリー』を開きます。

 

そうするとたくさんのカテゴリが並ぶので、目についたものをクリックしてみます。(今回はプリンター・インクをクリックします)

 

 

その中のインクジェットプリンターをクリックしてみます。

 

表示された商品のページを1つ1つ見ていきます。

 

商品ページを見ると、メーカーがまとめたこの商品の特徴がまとめられていることも多いので、この部分から『プリンターを買う時に自分ならどの点を重視するか?』という基準でも商品を選ぶポイントをチェックする事ができます。

 

また、このメーカーの上位機種との比較が載っている場合もあります。

 

こういったデータは商品を選ぶ際にユーザーが比較材料にする場合もあるので、この部分も注目しましょう。

 

他の商品も見てみると

 

各メーカーのプリンターで共通している項目が、無線LANプリントでスマホから直接プリントできるというのを推している事がわかります。

 

こういったいくつかの商品を見て共通したポイントは、その商品ジャンルで商品を選ぶ上で大切な要素になっていることが多いので、必ず記事に情報を入れるようにしましょう。

 

その他にもプリンターを選ぶポイントを各商品のページから調べてみると

 

インクの長持ち度合いと、交換の際のランニングコストを気にしている人が多いことがわかります。

 

家庭用プリンターということで小さいサイズ感のものが人気ということもわかってきます。

 

このように商品ページやAmazonのレビューを見ていくとプリンターのどこを気にして買う人が多いか?というのがわかります。

 

上記を踏まえ、プリンターを買うときは

・無線 LAN プリントができるか

・ランニングコストはいくらかかるのか

・置き場所に十分なスペースが有るのか

という部分を選ぶポイントとして3つの見出し・文章としてまとめていきます。

 

このときの文章もレビューを参考にまとめていくと、新規で全て自分で書くよりも断然書きやすいです。

 

その後、それぞれの商品の具体的な情報を書いていきます。

 

この時、選ぶ際のポイントに3つとも当てはまるのはAのプリンター、 2つに当てはまるけど安いのがB、ワイヤレス機能はついてないけど圧倒的にキレイに印刷できるのがC、といった選択肢を記事の中で並べてあげるわけです。

 

そうするとあなたのサイトに来たユーザーは、自分に合う商品はどれなのかを記事を読みながら想像するので、ある人はA、ある人はCのプリンターを選ぶという具合に売り込まなくても選択して購入してくれるという行動に繋がります。

 

もしどれにも当てはまらなくても、アドセンス広告を設置しているのでそちらに流れる可能性もあるため問題ありません。

 

ちなみに、このプリンターの記事のタイトルと見出しを作るなら、下記のような形になります。

 

記事タイトル案1 失敗しない家庭用プリンターの3つの選び方

記事タイトル案2
2020年厳選6選!インクジェット複合機の賢い買い方まとめました

見出し1 スマホからプリントできる無線LANプリントが便利すぎ

見出し2 購入金額だけではなくインク代・ランニングコストも考えよう

見出し3 家庭用なら小さいプリンターがおすすめ!

 

ちなみに、家庭プリンターはAmazonのカテゴリを見ても分かるように、他にもプリンター複合機、インクジェットプリンターという呼び方もあるので、記事の中や見出しで使って、集客キーワードが増えることを期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました