情報の網羅性を高めよう

アドセンス

情報の幅を広げたいのであればヤフー知恵袋で商品名や商品のジャンル名などで検索しましょう。

 

Yahoo!知恵袋

 

その商品を買うべきなのか?選び方はどうしたらいいかなどの質問をしている人がいるので、記事を書く際の参考にしていきましょう。

 

Amazonのカスタマレビュー、価格コムの口コミ、その他ネットショップの口コミと似ているキーワードや言葉が多いかもしれませんが、買った後と買う前では選んでいる言葉が違う場合も多いので、記事を書く前に目を通しておくと思わぬ切り口・キーワードを見つけることができることもあります。

 

 

カスタマーレビューや価格コムでは見ないキーワードも出てきます。

こうした扱うキーワードを増やすということは、Google が検索エンジンの順位を決定するための評価の1つでもある「情報の網羅性」を高めるということにも繋がります。

 

「情報の網羅性」というのは例えば、

織田信長のことを語ろうとすると、

尾張、桶狭間の戦い、明智光秀、本能寺の変、豊臣秀吉

 

などの言葉が出てくるように、その言葉を説明しようとすると当たり前に出てくる「共起語」と呼ばれる言葉がどれくらい入っているか?という基準です。

 

 

この共起語がどれくらい入っていれば検索順位が上がるかというのは、そのキーワードによって違うのでなんとも言えませんが、文字数よりも「共起語」がどれくらいの種類入っているかということが順位決定の重要な要素なってきています。

 

最初はあまり気にしなくても、記事をメンテナンスする時に少しずつでも共起語が入る記事になるように、様々な情報を調べていきましょう。

 

もちろん、共起語の数が多いだけではなく、それを不自然ではない状態で文章にすることが大切です。

そのキーワードの「共起語」はツールを使って探す事もできます。

 

共起語検索

 

検索窓に共起語を知りたいキーワードを入れると、よく一緒に使用されるキーワードを抽出する事ができますので、記事に散りばめてあげられると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました