世の中は比較サイトで溢れている理由

アドセンス

実はこの比較するという記事の書き方は、検索ワードを網羅する上でも、 報酬アップにも非常に役に立つ仕組みになっています。

 

1つの商品だけを紹介する記事だと、ユーザーがその商品を欲しいな・・・とは思いつつ、買わなくても良くなる理由をあら探しする人も多いですが、

「普通の3万円くらいで売ってる空気清浄機と違って、空気を殺菌することができるのがジアイーノだよ。」

「他の空気清浄機にはこの機能はなかったよ。」

という明確な違いを見せることで、買わなくても良い理由が払拭され、その商品を買いたくなる人も多くなります。

 

比較する記事というと難しく感じる人や、アフィリエイトリンクだらけで嫌だな、と思う人もいるかも知れませんが、サンプル記事を見てもらえれば、こんな感じの記事で良いんだというのもご理解いただけますし、意外に世の中は比較サイトで溢れています。

 

検索窓があって、商品の絞り込みができるサイトは比較サイトと呼ばれるものなんですが、実はAmazonも比較サイトに当たります。

じゃらん、楽天トラベルの旅行サイトもそうですし、食べログ、ホットペッパーのグルメサイトも比較サイトです。

 

 

私たちは無意識のうちにどれが自分に合う情報なのか、何かと何かを比較して考えています。

 

旅行を計画している時に宿を決めるにしても、1軒だけ見て決める人はあまりいないですよね?

「こっちの宿はご飯が美味しそうだけど、こっちの宿は温泉がキレイだな ー。」

とか比較して決めることが多いはずです。

 

だからこそ、Amazonで扱われている新商品もその商品だけを紹介するのではなく、過去の商品と比較することでユーザーのニーズに答え、結果としてアクセスが増えやすいサイトを作り上げることができます。

タイトルとURLをコピーしました