複数の商品を悩みに応じて比較・羅列する

アドセンス

商品を記事の中で紹介する際は、必ず商品を選ぶポイントや、心配事を解決する方法が含まれた商品をAmazonから選ぶようにしましょう。

 

Amazonではある程度商品をソートすることもできます。

 

商品を選ぶポイントを書いてから、Amazonで商品をソートしても良いですし、Amazonでどういったソートをかけることができるかをリサーチしてから、そこから記事のターゲットや商品を選ぶためのポイントをピックアップしていっても良いです。

 

分かりやすい例を挙げてみますね。

プリンターをAmazonで検索すると

 

 

無線LAN(Wi-Fi)対応など、機能でソートできるようになっています。

 

Amazonは膨大な購入データからこのソート機能を商品カテゴリごとに備えているので、ログラインや見出しを作るときにカテゴリごとのソート機能をチェックしておくと記事が書きやすくなることもあります。

タイトルとURLをコピーしました